SQLインジェクション攻撃の被害 株式会社日能研

株式会社日能研は、同社のWEBサーバーに対して第三者による不正アクセスが行われ、個人情報が流出した可能性があることを2022129日に発表しました。

 

 

 

 

 

概要

2022111日に不正アクセスを感知し、直ちに脆弱箇所を特定した上で対策をとっています。原因はSQLインジェクションを利用した外部からの不正アクセスとしています。流出した可能性のある情報は、最大280,106件のメールアドレスで、氏名、住所、電話番号、生年月日、口座情報、成績情報、志望校情報等は含まれていないとのことです。

 

引用元:https://www2.nichinoken.co.jp/info/owabi/220129.html

中小企業情報セキュリティ.COMでできること

組織内で策定している情報セキュリテイポリシーにて、インシデント発生時のガイドラインを策定していも、未知のマルウェアが検出された際の内容に詳しく触れている企業はまだまだ多くないのが現状です。インシデント発生時に意思決定が遅れることで被害が拡大する可能性が高い為、万が一の発生に備えて、初動対応、対応方法等を策定しておく事が重要になります。インシデント発生時のガイドライン策定のご相談や、万が一未知のウイルスに感染した場合は情報セキュリティ110番へご相談ください。

UTM導入サービス
お問い合わせ 045-311-6820 セキュリティに関するお問い合わせ 無料相談受付中
PageTop