UTMとは

UTM(統合脅威管理)は企業の情報セキュリティを高める為に一定の効果が見込める必要な機器です。現在のインターネット上の脅威には従来のファイアウォールだけではインシデント発生時に外部へ説明責任を果たせません。本ページと合わせて、下記リンクもご一読ください。中小企業情報セキュリティ.COMの考えるUTMについての考え方を記載しています。UTMは必ずしも必要となるわけではなく、、、詳しくはこちらから
サービス提供イメージ
UTMとは?

UTMとは、Unified Threat Managementの略で日本語にすると「統合脅威管理」となります。
様々な脆弱性を攻撃してくるマルウェアやウイルスなどの脅威に対抗する為、複数のセキュリティ機能が必要となります。
今まで主流だったファイアーウォールは通信のアドレスと種類だけで防御していましたが、昨今の標的型攻撃や外部から社内PCを乗っ取る攻撃には無力です。
UTMは通信の内容までチェックするため、ファイアーウォールを通過してしまう攻撃もブロックすることができます。

UTMの機能

UTMは様々な脅威に対応する為、複数の機能が搭載されています。ここではその代表的な機能をご紹介いたいます。

webフィルタリング出口対策

  • 情報漏洩対策

ウェブサイトのカテゴリを指定して閲覧を制限することができます。例えばギャンブル、アダルト、薬物等のカテゴリを指定して禁止することもできますが転職等を指定して制限をかけることも可能です。その結果として閲覧をしただけで感染する様なサイトを避けることができる以外にも業務効率を上げる効果もあります。

対応メーカー:

IPS・IDS(侵入検知・防御)出口対策出口対策

  • 不正アクセス対策

ファイアウォールでは判断出来なかった未知の不正通信を遮断する等、最新のパッチを適用していないことで脆弱性を突かれて攻撃を受けることがありますが自動的に検知して防いでくれます。万が一社内LANが感染してしまい外部の第三者へ通信を開始しようとしても外に出さずに遮断してくれる為、セキュリティリスクを低減できます。

対応メーカー:

ウィルスゲートウェイ出口対策

  • ウィルス対策
  • マルウェア対策

ウイルスが存在する通信を遮断することで社内LANが感染することを防いでくれます。マルウェアやウイルスの存在を考えるとウイルス対策ソフトのみといった単独の対策より何層にもセキュリテイを構築することで被害を受ける可能性は激減するはずです。

対応メーカー:

アプリケーションコントロール出口対策

  • 情報漏洩対策

近年Winny等のファイル交換ソフトのフリーソフトなどが充実してきていますが同時に感染する経路も充実してきています。社内でフリーソフト等のアプリケーションに制限をかけることでアプリケーションからの情報漏洩を防ぐことができます。

対応メーカー:

スパム対策出口対策

  • 迷惑メール対策
  • ウィルス対策
  • マルウェア対策

ウイルス対策ソフトの普及とともに インターネットの入口で迷惑メールを防ぐことは原則となりつつありますが、攻撃する側もその点を踏まえた攻撃が増えてきております。その為ウイルス対策ソフト単独での対策では検知ができていないケースが増えてきております。ウイルス対策ソフトを導入しているのに迷惑メールが来ていても、UTMを設置することで全く迷惑メールが来なくなるというケースは少なくありません。ただ何層にもセキュリティを構築しても、肝心の機器を取り扱う側の人間がメールの添付ファイルを開いて感染しては全く意味がありませんので最終的には取り扱う側の人間もセキュリティ意識を向上していくことでセキュリティ対策の完成度は高まります。

対応メーカー:

導入事例

UTM導入サービス
お問い合わせ 045-311-6820 セキュリティに関するお問い合わせ 無料相談受付中
PageTop