セキュリティ情報

NTTの偽装メールが届き添付ファイルを開くと感染 総務省

NTTコミュニケーションズから「ウイルスへ感染している」というメールが届き添付ファイルを開かせマルウェアへ感染させる攻撃が発生したと総務省が平成28年11月14日に発表。類似した攻撃が、10月後半より確認されており、業界団体である「ICT-ISAC」になりすましたメールが確認されている。問題のメールは、「【重要】総務省共同プロジェクト コンピューターウィルスの感染者に対する注意喚起及び除去ツールの配布について」といった件名で送信され、受信者のパソコンがマルウェアへ感染していると不安を煽る手口で、「除去ツールの配布」と称して、添付ファイルを開かせる。誤ってファイルを開いてしまうと、マルウェアへ感染する可能性がある。いずれの組織も、こうしたメールを送信することはないとして、注意を呼びかけている。

 

nttcom

 

 

 

マルウェア除去ツールの配布を装うメールに注意 総務省

引用元URL:http://www.soumu.go.jp/menu_kyotsuu/important/kinkyu02_000252.html

HTML HTML HTML

運営会社について

  • 横浜情報機器株式会社
    • 〒221-0844
    • 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-2 第2泉ビル4F
    • TEL:045-311-6820
Android Bitcoin BLEEPINGCOMPUTER ddos攻撃 DreamBot Expetr FORTINET IPA kaspersky locky mac Petya Securelist SQLインジェクション TrendMicro UTM wannacry Webサーバ なりすまし アップデート インシデント インターネットバンキング エクスプロイト カスペルスキー クレジットカード スパムメール セミナー デジタルフォレンジック トロイの木馬 バックドア フィッシング マイナンバー マルウェア メール ランサムウェア 不正アクセス 大学被害事例 導入事例 情報漏洩 拡張子 改ざん 標的型攻撃 脆弱性 被害事例 踏み台