セキュリティ情報

ランサムウェアに感染した場合にできること

弊社にランサムウェアに感染したとお問い合わせを頂くことが増えております。業務に必要なファイルが暗号化され非常に困っている方が多いです。また弊社にお問い合わせを頂く際にも大多数の方が初めての経験なのでどうしたら良い分からないという方が多いです。そこでランサムウェアに感染した場合に考えられる対策を下記にまとめたので参考にして頂ければと思います。

 

復号ツールを使う方法

ウイルス対策ソフトメーカーが配布している復号ツールや、解除ツールを使って、暗号化されたファイルを元に戻す方法です。

 

バックアップから復元する方法

データを紛失した場合はバックアップしていれば復元することができます。ネットワークを経由してNASやファイルサーバにバックアップしている場合はランサムウェアに感染するとバックアップも暗号化される為、復元できません。

 

ボリュームシャドウコピーで復元させる

Windows の『システムの復元』を使って、ボリュームシャドウコピーで復元できる可能性があります。ただし最近のランサムウェアによっては消してしまうものがほとんどです。

 

削除ファイルの復元ツールを使う

ランサムウェアによっては暗号化して拡張子を変更する前のファイルを上書き消去しないタイプもあります。上書き消去していなければ削除ファイルの復元ツール(例:Recuva)で、ファイルが戻るかもしれません。

 

復号化できる業者に依頼する

業者に依頼する場合、復号化できる場合、出来ない場合があります。最近だと成果報酬という形式で復号化できた場合だけ課金される業者も増えている様です。

 

身代金を払い復号化する

身代金を払って、ファイルを復元させるという選択もあります。ただし約束通りに復元できるかは分かりません。また身代金を支払わずファイル復元を諦めた場合でも、もしかしたら将来復号ツールが提供される可能性もあるので、暗号化されたファイルは消去せずに残しておくことをお勧め致します。

 

お困りの方は

もしランサムウェアに感染し、重要なファイルが暗号化されてお困りの場合、弊社でも復号化に成功したケースもありますのでご相談ください。またランサムウェアに感染しない様に「ランサムウェアに感染しない」対策と「万が一感染してもバックアップから復元できる」準備が必要となりますのでお気軽にご相談ください。

関連記事

ランサムウェアに感染してみました

ランサムウェアの感染経路

ランサムウェア対策について

 

HTML HTML HTML

運営会社について

  • 横浜情報機器株式会社
    • 〒221-0844
    • 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-2 第2泉ビル4F
    • TEL:045-311-6820
api ddos攻撃 DreamBot IPA jaff kaspersky locky mac SQLインジェクション TrendMicro USB UTM wannacry Webサーバ なりすまし アップデート インシデント インターネットバンキング エクスプロイト カスペルスキー クレジットカード サイバーセキュリティ基本法 サーバ スパムメール セキュリティ対策ソフト セミナー デジタルフォレンジック トロイの木馬 バックドア フィッシング マイナンバー マルウェア メール ランサムウェア 不正アクセス 大学被害事例 情報漏洩 拡張子 改ざん 標的型攻撃 無料でできるセキュリティ対策 脆弱性 被害事例 踏み台 通販サイト