セキュリティ情報

マルウェア感染で情報漏洩 新生銀行グループ会社

新生銀行のグループ会社である新生インベストメント&ファイナンスが35件の債権関連情報が流出した可能性があると平成28年11月4日に発表。
経緯としては社内で使用しているパソコンが「なりすましメール」により外部サイトから疑わしいファイルをダウンロードしたことを新生銀行のサイバーセキュリティシステムが検知したのでネットワークから隔離。

ウイルス対策ソフトによるスキャンを実施した上でネットワークに戻した。

その後、該当パソコンが特定の外部サイトにデータを送信していることを再度サイバーセキュリティシステムが検知。

再度ネットワークから隔離。調査の結果、未知のマルウェアだった為、ウイルス対策ソフトでは検出できなかったとのこと。

shinsei1 shinsei2

 



引用元URL:
http://www.shinseibank.com/corporate/news/pdf/pdf2016/161104sif_j.pdf

HTML HTML HTML

運営会社について

  • 横浜情報機器株式会社
    • 〒221-0844
    • 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-2 第2泉ビル4F
    • TEL:045-311-6820
Android Bitcoin BLEEPINGCOMPUTER ddos攻撃 DreamBot Expetr FORTINET IPA kaspersky locky mac Petya Securelist SQLインジェクション TrendMicro UTM wannacry Webサーバ なりすまし アップデート インシデント インターネットバンキング エクスプロイト カスペルスキー クレジットカード スパムメール セミナー デジタルフォレンジック トロイの木馬 バックドア フィッシング マイナンバー マルウェア メール ランサムウェア 不正アクセス 大学被害事例 導入事例 情報漏洩 拡張子 改ざん 標的型攻撃 脆弱性 被害事例 踏み台