セキュリティ情報

ウイルス・不正アクセスの届出状況および相談状況 IPA

独立行政法人情報処理推進機構(以下IPA)は平成28年7月から9月のウイルス届出件数及び相談状況についてまとめたレポートを平成28年10月27日に発表。
情報提供を受けたメールのうち、標的型攻撃メールと判断したものは123件で前四半期の32件から約4倍へと急拡大した。従来水準を大きく上回る状況で、運用開始以来、100件を超えたのは今回で3回目とのこと。123件のうち、118件に関しては、日本向けに提供されているフリーメールサービスのメールアドレスを使用していた。攻撃に用いられた添付ファイルの傾向は実行ファイルが86%を占めていて、いずれも圧縮ファイルとして送信されていた。その次に多かったのが、microsoftのOfficeファイルを用いた攻撃で、マクロを利用するケースと、既知の脆弱性を攻撃するケースが混在しており、あわせて13%にのぼる。またパスワードを設定したrarファイルを添付し、本文にパスワードを記載するケースも引き続き確認されている。被害が有った届出のうち原因が判明しているものは【ID・パスワード管理不備】が9件、「設定不備」が2件等でした。

 

 

1029ipa2

1029ipa
引用元URL:情報処理推進機構(IPA)
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2016/q3outline.html#pdf

HTML HTML HTML

運営会社について

  • 横浜情報機器株式会社
    • 〒221-0844
    • 神奈川県横浜市神奈川区沢渡2-2 第2泉ビル4F
    • TEL:045-311-6820
NAS SQLインジェクション USB UTM ぜい弱性 アップデート インシデントレスポンス エクスプロイト カスペルスキー クレジットカード クレジットカード情報流出 サイバーセキュリティ基本法 サーバ セキュリティ対策ソフト デジタルフォレンジック ネットバンキング バックアップ バックドア パスワード フィッシング フィッシングサイト フィッシングメール マイナンバー マルウェア メール ランサムウェア 不正アクセス 不正送金 不正通信 個人情報 個人情報流出 対策例 情報流出 情報漏えい 情報漏洩 情報漏洩対策 標的型攻撃 流出 漏洩 無料でできるセキュリティ対策 脆弱性 被害事例 踏み台 通販サイト 首都大学